きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大井川鐵道紅葉三昧2日目

 2日目は天気予報も曇りだし、空をみても朝からきっちり曇りだった。こういうときは俯瞰はどうにもならない。まあ、それでも駅や線路際などの接近戦がある。

 泊まった旅館がちょっと面白かった。家のすぐ前を線路が通っている。家山の杉田屋という古い旅館で、なんと創業100年以上とのこと。

       C_0228n.jpg
      

 ここは夕飯の量が多く、朝飯も多かった。JUMBOさんがお気に入りという理由がよく分かった^^。しかもお昼のおにぎりまでついて5500円だった。

 その後家山駅や駅の裏などで撮影。日曜日ののんびりした駅の雰囲気を味わうことができた。

C_0278_20101120210332.jpg
駅裏より

C_0315n2.jpg
木の改札口


「たのくち」にも行ってみた。JUMBOさんによると、大きな銀杏の木があったのだが、切られてしまったとのこと。たしかにちょっと物足りない気がした。

         C_0373n.jpg
たのくちの駅前にうまいおでん屋があったということだが、これもなくなっていた。寒くなってきたので、おでん、喰いたかったーー。


 この日は、他にSLも撮ったりしているのだが、色の感じが良くないのでモノクロにした。これらはまとめて後日アップします(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお、5500円で線路沿いの旅館に泊まれるのはいいですね。もっとも現在、5500円すら出せない困窮ぶりですが('A`)
曇りの日はコントラストがなくなるので、額縁作戦が有効なんですね。いい風景です。最後の旧客の後ろ姿なんかもしびれますね。また、蒐集鉄も楽しいところだったと思います。
大井川に行けたら、いろいろ見たいことしたいことはありますが、なんだかすごく遠く感じます。

| イノテツ | 2010/11/21 03:32 | URL |

私の困窮の度合いもイノテツ氏に負けず劣らずといったところですが、それはともかく、心魅かれる風景です。
こういう写真、私は大好きです。
3枚目、4枚目の写真は人がいることで、風景が温もりのあるものになっていると思いました。
「人を癒すのは人」と言われますが、確かにそうだなと、写真を観ていて思いました。
1枚目の「創業百十八年」という看板もいいですね。
そうか、鉄道写真の魅力というのは、そういうことなんだなと、何となく見えてきたような気がしました。

| タラ坊 | 2010/11/21 10:38 | URL |

イノテツさん

私も今年は年収100万以下で、この先どうしようという状況です。
まあ類は友を呼ぶと言いますか、とにかく売れる企画を
なんとしてでも来年はやらないといけませんね。
JUMBOによると家山で硬券を売っているとのことでした。
何人かの撮り鉄の人と話をしたんですが、マニアは
いま後ろからSLを追うのが熱いそうですw
大井川はたしかに遠いですね。近所の人がうらやましい。


タラ坊さん

ありがとうございます。
鉄道写真の魅力については、列車を正面から写すばかりじゃなくていいんだ、あるいは駅だけでも鉄道写真になるんだといった感じで、私は真島先生や宮さんどんぶりさんの写真で見えた瞬間がありました。
いまはその後を追っかけているだけですが、いずれ新たな魅力を開拓できたらと思います。












| アホキ | 2010/11/21 15:15 | URL |

大井川鉄道の原風景ですね

徳富さんから教えていただいたこのブログ。
毎日欠かさず拝見しております。
もともと乗り鉄ですが、最近は貴ブログに多大な影響を受け撮る方をやってみようかと思い始めています。
古い旅館の軒先をかすめるようにして通過する列車の姿にしびれてしまいました。
撮り鉄的にはほとんど駅舎くらいしか撮ったことがないので、ほぼ初心者に等しい状況です。
貴サイトを初めとした諸先輩方の作品を眺めつつ、鑑賞眼を養っていけたらと思っております。

| まぶりん麻呂。 | 2010/11/22 14:38 | URL | ≫ EDIT

まぶりん麻呂さん

コメントありがとうございます。
徳富さんのブログはしょっちゅう拝見してます。
ものすごい精力的ですよね^^

写真の件もありがとうございます。
こうしてほめられるとやる気も沸いてくるというもので^^
撮り鉄をさせるのであれば、ブログを開設させるのも
ひとつの方法だと思います。

あと、うまい人とときどき一緒に撮影することで、教わる事って結構多いもので、これもおすすめです。

私自身、うまい人の後を追っている段階でまだまだ未熟ですが
今後ともよろしくお願い致します。

| アホキ | 2010/11/23 10:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/791-93edfec8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT