きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浜松町から汐留~新橋へ

前回、久しぶりに品川神社を訪ねたことを書いたが、そこから新八ツ山橋を経て品川駅まで歩き、JRで浜松町へ行った。
東京モノレールで羽田に向かう時、浜松町を出てすぐ、芝離宮の庭園が車窓から眺められる。車窓から見えるということは、芝離宮からもモノレールが見えるのではないか、そう思い寄ってみた。
ここは、正式には旧芝離宮恩賜庭園と言い、小石川後楽園とともに、江戸初期の大名庭園(肥前唐津藩主大久保忠朝の上屋敷だったとか)のひとつだそうで、回遊式泉水庭園となっている。
浜離宮よりも小ぶりながら、なかなか雰囲気がよい。都立の施設だから入園料も150円と安い。

芝離宮庭園

しかし、園内からは、浜松町駅を出て来たモノレールがチラッと見え、他の場所からも木の間越しにチラッ、チラッと見える程度で、モノレールの車窓から見えたわりには、こちらからはそんなによくモノレールが見えなかった。
園内の木には早くも雪吊が施されていた。雪吊が必要なほど雪は降らないだろうが、これもひとつの季節の風物詩なのだろう。
浜松町から汐留のほうへ歩いて行くと、ビルの合間に高架を伸ばす「ゆりかもめ」が眺められた。

汐留駅近くを走るゆりかもめ

空にはまだ明るさが残るものの、下のほうはかなり薄暗くきてしまった。これから冬至までにかけては、一年で一番、日の暮れるのが早い時季だ。
ゆりかもめの高架の下を新幹線が走り抜けて行く。

汐留駅付近を走る新幹線

汐留から新橋を経て銀座に出た。銀座を歩くのも久しぶりだ。街路樹や各ビルの側面にイルミネーションが施されていて、ここは相変わらず華やかだ。「ティファニー」や「ブルガリ」、「ルイ・ヴィトン」などのショーウインドーを眺めていると、いったいこの国のどこが不況なんだろうかと思ってしまう。ひょっとして、私だけが不況だったりして、という思いについつい陥りそうになるので、早々に引き上げることにした。
楽しそうに談笑しながら通り過ぎて行く人々の間をぬって、日暮れて寒気の増した初冬の銀座通りを有楽町駅へと足早に向かう私であった(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:20 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たしかに街は賑わっていて
そう思う事ってありますね
みんな中国人だったりして^^

正直右肩下がりはもう嫌なんで
こっちも好況になることを
考えていきましょう。

| アホキ | 2010/11/25 10:49 | URL |

アホキ様

ああ、確かに、すれ違う人の多くから中国語や韓国語が聞こえました。
かつてバブルの頃、パリの高級ブランド店に日本人が大挙して押しかけたというのと同じ構図なのかもしれません。
「金のあるところにモノが集まる」と言われるますが、今、世界の資本が中国に集中し、日本はすっかり相手にされなくなってしまいましたが、かつても今も相手にされない私としては、せめて現状維持を保つのが精一杯といったところです。

| タラ坊 | 2010/11/25 13:09 | URL |

おお、何気に新幹線が流し撮りに♪ ゆりかもめの写真もいいですね。日が短く、すぐ暗くなってしまうので、撮影には厳しい時期になりました。

声のでかい者、幸せそうな者はことさらに目立ちますが、一方で不遇な境遇を生きる多数の存在は、なかなか目に入りません。しかし、そういう存在の力によって、ネオンもディスプレイも輝いています。
日本は独自の品位を保つことです。金の力や声の大きさだけで注目を浴びても早晩没落するのだし、そうなったとき、何を支えに生きていけば良いのでしょう。

| イノテツ | 2010/11/25 15:47 | URL |

タラ坊さん
私自身、現状右肩下がりな人生なわけで
じゃあおまえ言っているだけじゃなくて
やってみろという事だと思います。
とにかく自分の決意として右肩上がりになるよう
持って行きたいと考えてます。

| アホキ | 2010/11/25 18:51 | URL |

イノテツ様

ありがとうございます。
意識して流し撮りしたつもりはなかったのですが、そういうふうになってしまいました。
日本は、豊かな自然環境や、四季の変化、食文化、伝統文化など、世界に誇れるものをたくさん持っているのですから、これからは文化国家を目指していったほうがいいのじゃないかと思っています。

| タラ坊 | 2010/11/25 23:24 | URL |

アホキ様

事業仕分けで蓮舫さんが「2番じゃだめなんですか?」と言っていましたが、1番を目指さなければ、2番にもなれないということが言えるかもしれません。
私も常に何とかしなくてはと思っているのですが、なかなか思い通りにいきません。

| タラ坊 | 2010/11/25 23:31 | URL |

イノテツさん

独自の品位を保つことは重要ですね。
先進国ではひととおり需要が満たされ
基本的なニーズはなくなってしまってます。
だから人々が欲しくなるようなクォリティを保つこと
なんでしょうね。

| アホキ | 2010/11/25 23:54 | URL |

今後の日本のあるべき姿は(ああ、鉄道ネタから限りなく離れていく…)、個人的にはフランス、イタリア、スペインみたいな感じですかね。これらの国は、すでに経済的には大したことはありませんが、文化が素晴らしい、そして食い物が旨い♪
日本も、これらの国に伍することは絶対できます。もちろん、独自の道でですね。昔から不思議の国扱いされてきたのですから、そっち方面を伸ばすのも手でしょう。

金に縛られるのは疲れます。くれるのなら有り難くいただきますけどね |∀・)

| イノテツ | 2010/11/26 01:16 | URL |

確かに金に縛られるのは疲れますが
個人的にはもう右肩下がりはいやなんですわ。
日本のあるべき姿とか言う前に
自分がどうにかしないといかんと思っただけです。

| アホキ | 2010/11/26 01:42 | URL |

そうですか。余計なことを申しました。

| イノテツ | 2010/11/26 04:12 | URL |

いえいえ、たまにはこういう議論もあって
いいと思います。
少し本音も見えたりで、私には大変有意義でした。

| アホキ | 2010/11/26 12:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/795-7024ca73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT