きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名残の紅葉に出会えた高尾山お礼山行

去年、イノテツ氏とともに高尾山蛇滝で滝行をしてから、はや一年が経とうとしている。あの滝行直後にK社の仕事が決まり、また、この一年、病気も怪我もせず大過なく過ごさせていただいたので、それを感謝し、そのお礼に行かなくてはいけないなと思いながら、なかなか行く機会がなく気になっていた。そんなことでほぼ一年が経過してしまったが、やっと、高尾山蛇滝を再び訪れることができた。今回の高尾山行にはアホキ氏も同行してくれた。
しかし、また滝に打たれるだけの元気はないので、青竜権現堂で手を合わせただけだったが、それでも、いくらか気持ちが楽になった。
午前10時にJR高尾駅北口でアホキ氏と待ち合わせ、旧甲州街道をたどり、小仏関跡の手前から民家のわきを抜けて、中央線の線路をまたぐ橋のところへ出た。

跨線橋

黄紅葉は終わりかけていて、木々はあらかた葉を落としていたが、なかにはまだ残紅を残している木もあった。自然の中で見る、これが今年はじめての紅葉だった。

残りの紅葉

瀧行道場入口と標識の立っているところから川沿の道をゆるやかに登って行き、蛇滝の滝行場のところへ出る。相変わらずここは陽が射さず寒々しい。奥の滝近くで、去年滝行指導を受けた際に導師を勤めたお坊さんだろうか、掃除をしている人がいる。
滝に向かい、そして青竜権現堂の前でそれぞれで手を合わせた。
そこから登山道を登って行き、ケーブルの山頂駅近くの尾根道に登り着く。11月一杯で「もみじ祭り」は終わっているものの、相変わらず人出が多い。
薬王院の周囲もまだ若干黄紅葉を残していた。

薬王院

薬王院をお参りし、山頂へと向かう。
足の踏み場もない、というほどではないものの、やはり山頂はごった返していた。高尾山を訪れる人は年間200万人に及ぶと言われ、これは世界一の数だそうだ。
前日の大雨と強風のせいか、山頂からはきれいに富士山が眺めた。

富士山

高尾山にはこれまで何回も来ているが、これほどくっきりと富士山が眺められたのははじめてではないだろうか(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今回は参加できず、残念でした。自然の中の紅葉は格別ですよね。また、115系と紅葉の図も、もういくらも撮れないことでしょう。都区内にこもって早一ヶ月、今年の紅葉は特にいいと聞いていたし、勿体ないことをしました('A`)
この時期になっても混むのですね高尾山。もはや休日は、ケーブルが動き出す朝8時までに山頂を通らないと、喧噪に巻き込まれてしまうのでしょう。一方、昼頃でこれだけ富士山が見えているのは珍しく、ラッキーでしたね。

| イノテツ | 2010/12/06 09:47 | URL |

イノテツ様

高尾山頂からあれほどはっきりと富士山が見えたのははじめてでした。前日に大雨が降ったせいだろうかと思います。
私も今回が、自然の中で見る、今年はじめての紅葉でした。
都会の紅葉とはやはり発色が違うように感じました。

| タラ坊 | 2010/12/06 10:20 | URL |

お疲れ様でした。
初めての高尾山でしたが、とてもさわやかで
多くの人がリピートする気持ちがよく分かりました。

3枚目の構図は決まってますね。
紅葉はもう終わっているだろうと思っていたんですが
まだ少しだけ残っていてラッキーでしたね。

| アホキ | 2010/12/06 13:37 | URL |

アホキ様

ありがとうございます。
はじめての高尾山、良い印象だったようで、よかったです。
あそこは、手軽というのが何よりですね。
週末、起きたら良い天気なのでぶらっと行ってみようか、という感じで行かれるところです。
また、ご一緒しましょう。

| タラ坊 | 2010/12/06 18:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/804-dac1ab12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT