きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

総括、2010年

テレビなどでも、そろそろ、この一年を振り返る番組が増えてきた。新聞の書評欄でも、いろいろな人が今年のベストいくつかというのを挙げている。そんなわけで、私も今年一年を振り返り、総括してみようと思う。
何と言っても、K社の仕事が今年のメインイベントだった。約半年余りにわたって、これに掛かり切りになっていたと言っても過言ではない。
出来に関してはいろいろご意見もあろうが、あれが、少なくても今の私にとっては精一杯のところだった。しかし、前の雑誌に較べれば、確実にレベルアップしているのではないか、とは思っている。
去年から少しずつリサーチなどはしていたが、本格的に動きはじめたのは今年の春以降だった。

首都高と東武鉄道

2月26日、これは特にリサーチという目的意識があって出掛けたわけではなくて、単に、その日、水道管工事で家の水道やトイレが使えなくなるというので、避難する意味で浅草から向島周辺を歩きに行ったのだが、その前に、イノテツ氏だったか、アホキ氏だったかから、アサヒビール吾妻橋ビルから東武電車が見えるのでは、という話を聞いていたので、ついでに立ち寄ってみると、最上階に「スカイルーム」という喫茶室があり、そこからこのような風景が眺められた。

梅林越しに御殿場線

3月1日には曽我丘陵に出かけた。梅は咲いていたが、曇っていて、あまりはっきりしなかった。この後、ここへは何回か来たものの、天気が良くても、とうとう箱根連山がくっきり見えるという場面には恵まれなかった。

武州日野駅と列車

武州日野に出かけたのは4月18日だった。この時はアホキ氏が一緒だった。カタクリの花が目的だったのだが、残念ながら花は終わっていた。来年、もう少し早く、3月末くらいに行ってみようと思うが、その頃は桜はまだ咲いていないだろう。
この仕事も、最後はスケジュール消化に追われて、決して充分とはいかないものになってしまったことは否めない。特に、アホキ氏、イノテツ氏にとってはそうだろう。私が足を引っ張ってしまったという部分もあり、申し訳なく思っている。
その後、K社からは何も言ってこない。思ったほど売れ行きが伸びなかったことで、あまりおもしろく思っていないことが察せられる。
しかし、これに懲りず、というか、この仕事で学んだことを生かして、来年も鉄道関係で、何か出版につなげられる企画を考えていきたいと思っている。
お正月にはホリデーパスを使って、この本で紹介されていた大月の岩殿山と菊花山へ行こうと思っている。その後、勝沼ぶどう郷に寄って、ぶどうの丘の「天空の湯」で、雪の南アルプスを眺めてくるつもりだ(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もK社がメインの仕事でした。
俯瞰本は結果的にはいまいちでしたが、
まあ、ほんの少しは進歩しているんだろうと思ってます。

桃栗三年柿八年という言葉がありますが、
私ら柿の方かも知れませんねw

| アホキ | 2010/12/23 11:08 | URL |

いろいろな意味で不満はあります。実力不足もさることながら、天候不順に泣かされ続けました。時間的体力的に無理があり、心身の健康を害しました。けれど、確実に雑誌よりよく出来ました。もっと準備を周到にして、特に写真なんかはあらかた用意しておくくらいでないといかんのだなあと痛感した仕事でした。

| イノテツ | 2010/12/23 14:24 | URL |

アホキ様

柿だとすると、実がなるまで、私はもう生きていないかもしれませんね。温度管理や堆肥などで、何とかもう少し早く実がなるようにしたいと思います。

| タラ坊 | 2010/12/23 17:31 | URL |

イノテツ様

季節ネタは1年前取材が原則だそうですので、あらかじめ材料を全部、少なくても8割ぐらいは揃っている、というくらいでないと、やはりちょっとムリがあるかもしれませんね。
次の企画は、そういうことも踏まえて考えていきたいと思っています。

| タラ坊 | 2010/12/23 17:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/819-af72f997

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT