きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湊線の変化 2009~2010年

ひたちなか海浜鉄道湊線。2009~2010年は変化の多い時期だった。それらの主なものを動画にまとめていると、そのことが再認識された。動画は最後にご覧いただくとして、本文では、駅の変化を中心に紹介したいと思う。

【金上駅】
DSC_7450.jpg

金上駅では交換設備が復活した。以前ポイントがあった場所にはすでに建物が建っており、それを避けるため、駅そのものが勝田方面へ移動した。そのためホームも真新しく、一見新駅のように見えるが、駅名標やベンチなどが再利用され、引き続き使われている。ちなみに、下の写真が以前の金上駅だ。下り線のレールがはがされているのが分かる。

DSC_1355_20110107023140.jpg

金上で交換ができるようになり、勝田~那珂湊間の区間運転が増発された。だが、以前から近辺を徘徊していた猫にしてみれば、線路の横断が多少難儀になった面もある。

DSC_7455.jpg


【阿字ケ浦駅】
DSC_7503.jpg

阿字ケ浦駅ではバリアフリー化の改修が行われ、ホームのかさ上げとスロープの設置が行われた。以前は改札を抜けると、すでに使われなくなって久しい線路を渡り、まっすぐホームへ上がる石段になっていた。これを基準にスロープを付けるとしたら、手前の線路をつぶすしかあるまいと想像していたが、実際にはホームの幅を削り、線路と並行に設置されていた。線路は残され、辛うじて1面2線の体裁は保った形だ。

DSC_7516.jpg

先日は「急行あじがうら」に少し触れたが、これはもともと、国鉄・JRから長大編成を連ねて直通してくる列車だった。そのためこの駅のホームも、それに対応する有効長が確保されていた。この工事で、ホーム上に残された昔日の表示も消えてしまうのかと心配したが、これも杞憂だった。写真のように、かさ上げされたのは3両分だけで、あとはそのまま残された。だが、柵で囲われてしまったので、そこへ行くことはできない。ていうか見た目が('A`)
しかし今や、イベントでなければ3両編成すらめったに走らない。ホーム全部をかさ上げするのは無駄だ。結果、ホームに新たな段差ができてしまった以上、囲わなければ障碍者にとって新たな危険要素が増えたに過ぎない。視覚障碍者にとって、駅のホームは「欄干のない橋」なのだという。言われてみればその通りだ。

この他、那珂湊駅では駅舎を活かして改修が行われたし、平磯駅では店舗併設だった駅舎が取り壊され、更地になっている。今後どうなるのか、興味あるところだ。(イノテツ)

スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 03:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

明けましておめでとうございます。
年末は突然押し掛けまして、失礼いたしました。

ひたちなか海浜鉄道、施設面でいろいろと変化が生じているのですね。
ノスタルジックな面は消えていってしまいますが、これからも使ってもらえる路線とするためには必要な事ですね。

自分は茨城交通時代に出かけた事が有るだけですので、久しぶりに行ってみたいものです。

| JUMBO@現場 | 2011/01/07 17:29 | URL |

ずいぶん変わりましたね
正直言うと前のほうが風情が感じられたのですが
まあ、私らたまにしか使わない人間なので、
いつも使う人が気持ちよく安全に利用できることが優先されるのでしょう。でもって30年もするとこっちの風景が
懐かしい物に変わっていくんでしょうね。

| アホキ | 2011/01/07 18:10 | URL |

現在、「定宿」にしている松山のネットカフェにいます。四国の鉄道は地味に面白いですね。スルメのようですw

JUMBOさん

年末は何のお構いもできず、その上タイヤキ4つもいただいて恐縮です。今年もよろしくお願いいたします。

ひたちなかの売りはなんといっても4両のキハ20(とそれに類するもの)なわけですが、おっしゃるとおりで、今後生き残っていくためには、これにおんぶにだっこではいかんということなんですよね。
茨城交通時代以来に訪れたら、けっこう驚きがあるかもしれません。いろんな意味で面白いと思いますよ。

| イノテツ | 2011/01/09 03:16 | URL |

アホキさん

ぶっちゃけ、風情は損なわれちゃいましたよね('A`) 鉄ヲタ的には残念な部分もありますが、バリアフリー化が成ったこと、増発が可能になったことなどは大きな進歩です。湊線が存続できた理由の1つに、すでに枕木がPC枕木に交換してあり、メンテナンスの手間がかかからなそうだったというのがあるらしいです。PC枕木のことを今とやかく言う人がいないように、新しい景色にも、やがて慣れていくのかもしれません。

| イノテツ | 2011/01/09 03:32 | URL |

パソコン、復活しました。
お騒がせして申し訳ありません。
平磯駅に併設されていた店舗がなくなったしまったんですね。
閉店された店舗がなんとも寂しい雰囲気を醸していましたが、あることでかえって寂しさを募らせていましたから、この駅の利用者にしてみれば、気分的に落ち着いたのではないかと思います。
少し前まで何かがあったはずの場所が空き地になっていたり、新しい店ができとぃるということがよくありますが、そうなると、あれ? ここは前なんだったっけ? ということになります。

| タラ坊 | 2011/01/09 13:12 | URL |

タラ坊さん

復活しましたか、まずは一安心ですね。松山での撮影中に電話をいただき、じゃあ代わりに小話でもとネットカフェに入りましたが、これはとっておくことにして、もう寝させていただきますね。
平磯の空き店舗は寂しさを誘っていましたね。スーパーができたことで地元の商店街が寂れ、その後スーパーがなくなって町そのものが衰退するという、ある意味で王道を行ったのが平磯です。うまい対策はないものでしょうか。

| イノテツ | 2011/01/10 01:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/833-53a23537

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT