きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そして、ふたたびの春へ

きょうは節分、そして、明日は立春だ。
ことのほか寒さ厳しい冬だったけれど、それでも梅の花がちらほら咲きほころびてきて、春近しを感じさせてくれている。
梅の花を見ると、去年、下曽我へ行った時のことが思い出される。

黄色い花と梅

最初に行ったのが3月1日で、2月いっぱいで「梅まつり」は終わっていたけれど、梅の花はまだかなり咲き残っていた。
ただ残念ながら途中から雲ってきてしまって、御殿場線が見下ろせる場所からあまりいい写真が撮れなかった。
そのため、花が終わり、葉が繁り出した頃に再度出かけてみたのだけれど、今度は葉が繁りすぎていて、やはり、あまりいい写真にならなかった。

葉が繁りすぎ

さてどうしようと思っているときに偶然見つけたのが、「見晴台」を示す標識だった。「見晴台」というくらいだから見晴らしがいいに違いないと思って、さっそく、標識に導かれて行ってみた。しかし、たしかに見晴らしはよかったものの、空気が澄んでいれば見えるはずの箱根連山は霞んでおり、これも見えるはずの富士山は影も形もなかった。

見晴台から御殿場線

その後、さらにもう二回ほど、晴れの日を選び、しかも早朝に行ってみたものの、結果は同じだった。反対側の空はきれいな青空なのに、小田原、箱根方面は空が白っぽくて、霞んでいる。
生きている間に、一度でいいから、あの「見晴台」からくっきりした箱根連山や富士山を眺めてみたいものである(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も昨年の天気の恨み節を書くと
どっと出てきてしまうんですが、
北海道で知り合ったある老人から
「それは、もう一度来なさいって事なんだよ」
という話を聞いて、そう思うようにしてます。

とりあえず、今年の2月の末日を楽しみにしてます。


| アホキ | 2011/02/03 15:08 | URL |

アホキ様

私にとって2月末の下曽我はリベンジになりますが、もう仕事が終わっているので、今さらリベンジしてもしょうがないという気がしないでもありません。
しかし、このところ環境の変化があったりしましたので、下曽我行きは心のリハビリになるかもしれず、なにより、梅の季節に、あのあたりを歩けるのは私も楽しみです。

| タラ坊 | 2011/02/03 15:44 | URL |

去年はひときわ異常気象だったのです('A`)
今年行けば、間違いなく去年よりいい場面に出会えます(断言)。

以前、北海道・利尻島のテント場で、利尻山の雲がとれるのを1週間待っているという人に会いました。でも自然は無情なもので結局雲はとれず、私が見た山頂も完全に真っ白でした。私の利尻島での想い出は、山頂よりも、テント場での出会いです。最後、バスに乗って別れる場面なんか、山田洋次の映画かと思うような図でした。つまりあれです。旅の素晴らしい場面は、景色だけとは限らないということですね。仕事が絡むと、そうはいきませんが…。

| イノテツ | 2011/02/03 22:37 | URL |

イノテツ様

土門拳が、雪の室生寺を撮りたいと、一冬門前の旅館に滞在したけれど、とうとうその冬は雪が降らなかったという話を聞いたことがあります。
仏教ではものごとに執着するのはよくないと教えますが、対象に対する執着心がないといい写真は撮れないんだろうなと思います。

| タラ坊 | 2011/02/04 19:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/858-7af09261

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT