きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガイガーカウンタ2

その後ガイガーカウンタでときどき測定しているが、いまのところ自宅の草加市ではまったくメーターが動くことがないので安心していられる。

これは、ここ4、5日の陸から海に吹いた風のおかげだと思われる。
逆向きに風が吹いたらちょっと注意が必要かもしれない。

関東あたりは、まあ大丈夫だと思うが、福島とか郡山はちょっと心配だ。自主避難できる人は、早めにしておいたほうがいいような気がする。

よく50マイクロシーベルトはレントゲンの何分の一だから安全などと言われているが、これは1時間当たりの値である。
その場所に10時間いたら50x10で500マイクロシーベルトになるし、100時間(4日ちょっと)なら5000マイクロシーベルト(5ミリシーベルト)に達してしまう。
(しかも、30km圏内で測定したところ一部地域で150マイクロシーベルトといっていた)


実際の所どれくらい浴びたらやばいのか?

よく言われるのは1ミリシーベルト。
人体は年間2.4ミリシーベルトの放射線をあびているので、それ以外に1ミリシーベルトくらいは浴びてもまあ大丈夫だろうということで、これが第一の防波堤になっているようだ。

で、胸部CTスキャンをすると6.9ミリシーベルトだそうで、それで健康被害が出たという話は聞かないから実質10ミリシーベルトくらいまではだいじょうぶっぽい。

健康被害が出ない範囲としてこの10ミリシーベルトが第二の防波堤と考えると、50マイクロシーベルトの場所には8日間くらいしかいられない計算になる。

 10000/50=200(時間)=8.3(日)


原発問題は長期化しそうな雰囲気だし、そろそろ瞬間値じゃなくて積算値で考えないとまずいんじゃないだろうか。
「ただちに健康に影響が出る値ではない」というのが政府のいい方だが、「直ちに」っていうところがとても気になる。

前線の方々が命がけで頑張ってくれているのはよく分かるし大変なご苦労だと思う。一方で避難させるべきひとは避難させるべきだ。(アホキ)


ちなみに私が調べた範囲では

250ミリシーベルトで急性症状
3000~5000ミリシーベルトで50%死亡
7000ミリシーベルトで100%死亡

となっていた。
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:43 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

午前中の仕事をやっているそばに入国管理局があり、今、連日、外にまで長蛇の列ができています。
日本は危ないから逃げ出そうという人たちでしょうが、日本だって、海外で何かあれば在留邦人を退避させるので、当然といえば当然でしょうが、逃げるところのある人はいいなと思ってしまいます。
私などは、もう先がそんなに長くないので、どうなろうと構わないのですが、子どもを含めた若い人や妊娠している人などに対する避難を考えたほうがいいかもしれませんね。

| タラ坊 | 2011/03/19 11:07 | URL |

関東はまず安全だろうし、私なんかは、むしろ花粉の方がよっぽど脅威で、今日も屋内待避状態です('A`)
とはいえ現地では、問題が長期化すれば、積算の話も出てきますよね。最前線で作業している人も、いくら交替しているとはいえ、繰り返し任務に就けばたまっていくだろうし、周辺住民はなおさら不安なことでしょう。ロシアでは、「日本は住める場所が減るから、南クリル(北方領土)をくれてやろう」などと言う人もいるそうです。北方領土の話は別として、外国からはそう思われているんですね。今、原発で行われている努力が実を結び、安全な土地になるもんだと信じて疑いませんが、風評被害も心配だったりします。そして常磐線ですね。どうやら、幹線で復旧が最後になるのはここのようです。

| イノテツ | 2011/03/19 15:07 | URL |

タラ坊さん

私はひねくれものなのか基本的にこの国の政府や
マスコミを信用してません。
まあ、どの国でも同じようなものだとは
思いますが、いざとなったら自分を助けられるのは
自分だけだと思ってます。
とにかく安心するのも不安になるのも、できる限り
裏をとりながら自分で考えたいと思います。



イノテツさん

今回の原発事故で関東はまず大丈夫だと思います。
でも私が30km圏内だったら屋内待避せずに
避難していると思います。
ロシアはそんな気前のいいことをいってるんですか。
南クリルをくりてやろう、とかいったらおかしいですね


| アホキ | 2011/03/20 02:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/900-419c0ac6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT