きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春を探しに

3月もあと数日で終わろうというのに、今年はいつまでも寒さが残る。それでも、日差しの明るさに誘われて、久しぶりに千葉県佐倉市の本佐倉城跡を訪ねた。
家の最寄駅である京成中山駅から京成本線に乗り、京成船橋駅で成田空港行きの特急に乗り換える。京成本線は佐倉駅から先は特急も各駅に停まって行くので、佐倉駅のひとつ先の小さな駅である大佐倉駅にも停まる。しかし、相変わらずこの駅は乗降客が少ない。私が乗った列車からこの駅で降りたのは私一人だった。もちろん、乗る人も誰もいない。

大佐倉駅際の踏切

本佐倉城跡へは、駅際のこの踏切を渡り、線路沿いの坂道を下りて行く。坂道を下り切ると一面田んぼが広がっており、角に本佐倉城跡を示す道標が立っている。

菜の花と京成線

去年の秋、ヒガンバナが咲いていた田んぼの畦にナノハナが咲いていた。
その周りにはオオイヌノフグリやヒメオドリコソウが群れ咲いていた。

オオイヌノフグリ

風は冷たいものの、あゝ春だ、と思った。
城跡の丘に上ると、珍しく正面に筑波山が見えた。

筑波山が見えた

丘から尾根伝いに伸びる林間の道に入ると、まだ木々の芽吹きははじまっておらず、冬ざれたままだったが、晩秋から冬にかけてと違い、風景がどこかやわらかく明るい。

尾根道

こういう道を歩いていると、しばらく山を歩いていなかった体が徐々にほぐれていくような気がする。それに、地震以来、どこかちぐはぐだった気分が、だいぶ整合性が取れてきたような気もした。整合性が取れてきたという言い方もおかしいが、以前、イノテツ氏がお書きになっていた日常と非日常の境目のバランスが取れてきたと言ったらいいのだろうか。
停電があったりしてまだまだ非日常状態は続くが、それを受け入れる準備が心のなかで整ってきた、と言ってもいいかもしれない。少しずつ、非日常が日常に近づきつつあるようだ(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もうすぐ四月だというのに、いつまでも冬のままの寒さですね。それでも花が咲きはじめ、春の到来を告げてくれるのは励みになります。
とはいえスギ花粉がすごくて、この時期の外気は、私にとってまさに毒ガス。今年は特にきついですね('A`) この「毒」がもう少し落ち着いたら、私も新緑を見に山へ行こうと思います。やはり、新緑の頃がいちばん心躍ります。
京成本線は、土休日ダイヤで、シティライナーが運休という状況。乗車率が悪いので、このまま廃止される可能性もありますね。

| イノテツ | 2011/03/28 15:31 | URL |

イノテツ様

花粉症、大変そうですね。
私は花粉症になったことがないという稀有な体質なのですが(脱脂粉乳で育った団塊の世代は結構タフなのかもしれません)、花粉症に悩む人たちを見ると、おっしゃるように、確かに「毒ガス兵器」に匹敵すかもしれないと思ったりします。
京成本線は京成津田沼~京成佐倉間で一部徐行運転区間がありました。地盤が緩んだりしているのかもしれません。
船橋以遠の通勤・通学客の多くは船橋でJRに乗り換えてしまって、京成で日暮里なり上野なりまで行く人はあまりいないので、シティライナーの乗車率が悪いというのも分かる気がします。

| タラ坊 | 2011/03/28 16:09 | URL |

2番目の写真は明るい気持ちにさせてくれますね。
この時期いい写真だと思います。

計画停電とかがあっても今のところは
思ったほど不便じゃないないというか
むしろ夜はこれくらい暗い方が自然でいいような気がしてます
夏は暑いでしょうがw

花粉が毒ガスって言うのも大げさでいいですね
笑ってしまいました。
でも私にとってもまじ毒ガスです

| アホキ | 2011/03/28 16:42 | URL |

アホキ様

ありがとうございます。
何が起ころうと、自然は時節になればきちんと花を咲かせてくれます。
それはそうと、アホキさんも花粉症ですか?
私が花粉症にならないのは、ニコチンという毒ガスを常日頃吸い続けているせいというワケでもないでしょうが、今年はこれまでならかった人もなるかも、と言われているものの、今のところその兆候はありません。
今日は家のほう(第5グループ)は夜に停電の予定になっていたので、その前に夕飯を食べてしまおうと思っていたのですが、見送りになったようです。

| タラ坊 | 2011/03/28 17:51 | URL |

最近気が付いたこと

中井先生のゆる鉄本を拝見していて気が付いたのは、氏のおっしゃる「ゆる鉄」とは風景写真の一種だと言うこと。北海道の風景写真から写真に興味を持った私にも撮れるかなと一種の自信めいたものが生まれてきた。

例の指南本で気になっていた本佐倉城跡は、普段なじみのない路線を訪れ、乗り鉄と散策を絡められそうなので、機会を見つけて行ってみたいと思います。実は城郭マニアでもある私は、乗り鉄のかたわら日本各地の城を訪れています。ローカル線と城郭という新しいジャンルのヒントを与えていただいたことに感謝しております。

| まぶりん麻呂。 | 2011/03/29 08:30 | URL | ≫ EDIT

まぶりん麻呂様

ありがとうございます。
私もマニアというほどではないですが城郭わりと好きです。
本佐倉城跡もいいですが、関東周辺でしたら、流鉄沿線にある小金城址なんかも、無常観が漂っていていい雰囲気でした。
是非、お訪ねになってみてください。

| タラ坊 | 2011/03/29 14:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/907-0a76d081

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT