きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平常運転への道のり(1) 常磐線 勝田まで再開

都電7500形を追憶するシリーズとともに、これを何回かにわたって書いてみたい。
国難にあっては、気持ちを明るく持つことが大事だ。だがその一方で、眼前に横たわる現実がある。それに向き合う被災地がある。被災者がいる。私自身もいささかの被害を受けたし、震災後、仕事が減っているのも、業界の自粛ムードのせいだろう…と思いたい('A`) とはいえ私などは、兼ねてからの備えが功を奏し、品不足の混乱も、ほぼ他人事でやり過ごせた。今できることは何だろうか。節電と寄付、現地への伝言。そして、ようやくもうひとつできるようになった。

DSC_9725.jpg

震災後不通となっていた、常磐線の土浦~勝田間が再開し、被災地に入れるようになったのだ。もっとも、列車番号を見れば分かる通り、臨時列車扱いだ。この9341Mは、定期の1341Mと同じ時刻に上野を出発するが、徐行するため、所要時間がだいぶ違う。それで違う列車として扱われているのだろう。特急は運休のまま、普通列車のみが1時間1本程度運転されるだけだが、勝田までの足が確保されたことは大きい。
4月3日、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅で朝市をやると告知されていた。被災後初のイベントだ。湊線は動かないが代行バスがある。よし、野菜を買うぜ、湊線グッズも買うぜ。もちろんしっかり運賃を払って行くことが、次に私にできることだ。

DSC_9732.jpg

列車はすいていた。やはり経済活動や、人の動きそのものが鈍ってしまっている。そして車窓には徐々にブルーシートが目立ってくる。忘れられた被災地・茨城の姿がここにあった。

DSC_9740.jpg

偕楽園も被災し、休園を余儀なくされている。梅のシーズンにもろに被ってしまった。列車も、偕楽園臨時駅をゆっくり通過していく。人影のない園内で、盛りを過ぎた梅の花が寂しく散りつつあった。もともと観光資源の乏しい茨城県で、このダメージは大きい。
それでも、沿線の多くの人が列車に目を向けているのを感じた。通常なら、普通列車などに誰も目もくれない。再び走り始めたステンレスの電車が、人々を明るい気持ちにさせているのだろう。原爆の惨禍から、広島電鉄がいち早く復活して人々を励ましたように、鉄道には人を勇気づける不思議な力があるのだ。

DSC_9745.jpg

水戸駅は大きな被害を受けた。大きな構内に並ぶ線路はどれも歪んでしまった。常磐線と、鹿島臨海鉄道の区間運転が再開し、駅はようやく機能を取り戻し始めたが、構内各所で復旧工事が続けられている。ホームはひっそりとし、レールも錆びている。早くいつもの活気が戻ればいい。

DSC_9753.jpg

終点・勝田には、特急車両が並んでいた。ここは、通常出払っていて、もっとすいているところ。特急の運転再開は、まだしばらく先らしい。

DSC_9755.jpg

湊線が発着する1番線、特急が主に使用する2番線は、そんなことで閉鎖されている。またこの駅では、地震で天井が落ち、再開した現在も、鉄骨がむき出しのままだ。それでも、改札を抜ける人たちからはむしろ、再び列車が使えるようになった安堵感のようなものを感じた。
いくら本数が少なくても、あるとなしでは意味合いが全く違う。東北の路線では、運転再開といっても、1日2往復とか3往復みたいな状態だったりもする。それでも、毎日列車が来るという、この感覚が大事なのだ。

さて、湊線代行バスの接続はすぐだ。急いで改札を抜け、駅前を走った。(つづく・イノテツ)

スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 15:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

仕事がないのは私も同じで
3月中はアルバイト仕事さえ無くなってしまいました。
ひたちなか、いかれたのですね
ちょっとずつですが復興している
感じが伝わってきます。

| アホキ | 2011/04/05 16:37 | URL |

先週だったかのNHKのTVニュースで、偕楽園の梅が身頃を迎えたものの、休園中で、誰にも見られることなく咲いているというようなことが報じられていました。
偕楽園もそうですが、桜が咲き始めて春の観光シーズンを迎えても、日本中が観光どころのムードではなく、また、中国や韓国の日本向けツアーも相次いで中止になったりで、観光業者は大打撃だろうと思われます。
いずれ復興するにしても、それまで持ちこたえられない人や業者もあるでしょう。
震災とは関係ないけれど、私も持ちこたえられずに、パート仕事に出てしまっています。やることなすこと生まれてはじめてのことばかりのことを日々経験していますが、そこで思い知らされたのは、私は実務的な能力ゼロだなということでした。

| タラ坊 | 2011/04/05 17:12 | URL |

アホキさん

非常事態ですねやっぱり。後からジワジワきてます('A`)
こうなってくると展望がなくなり、先行きへの不安から動きが鈍ってしまいます。こういうことが、社会全体に蔓延しているのでしょう。復興は、結局のところ、自分のためだったりもするのですね。空騒ぎはやり過ごせても、本物はそうはいきません。
ひたちなか市内は傷だらけですが、人々が明るいのが救いです。人の力が充分残っていますから、たとえゆっくりでも、立ち直っていけるでしょう。

| イノテツ | 2011/04/05 17:28 | URL |

タラ坊さん

タラ坊さんに実務能力がないのだとしたら、私などは社会適応能力ゼロということになりますから、勘弁してください('A`)
いつも行くラーメン屋から中国人店員が残らずいなくなり、日本人に変わっていました。中国に帰ってしまったのでしょう。ぶっちゃけ、日本人の雇用が増えてええやんとか、底辺の私などは思ってしまうのです。サッカーのラモスは、「帰りたい外人はさっさと帰れ」と怒っているそうです。彼は日本人ですね。
「内向き」という言葉は、おおむねネガティブな意味で使われると思いますが、今、国内を見つめ直す機会が来たのだと思います。残った人同士で譲り合って助け合って、持ちこたえられなくなる人が(もちろん自分も含めて)一人でも減るように努力しなければと思います。

| イノテツ | 2011/04/05 18:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/914-f0a51ff7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT