きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平常運転への道のり/湊線・7両編成イベント後編

DSC_0544.jpg

車両には復興を願うもの、開業3周年を記念するもの、それぞれのヘッドマークが付けられた。キハ3710の方向幕もまた、復興を願う特製のシールが貼付けられた。本来用意されていた開業3周年記念イベントは流れてしまったが、その代わりに、こうした願いを込めた催しとなったのだ。

DSC_0592.jpg

7両の車両が入れ替わり動き、連結したり離れたりしながらいろいろなパターンで撮影できた。殿山駅に残されて戻れないキハ3710-01の代役だろうか、すでに引退し、構内に留置されているキハ202にもヘッドマークが付けられ、これを合わせると8両になるのだった。
続々人は増え、下りホームは通常のイベント以上の混雑だ。営業運転のないイベントにこれだけ人が集まることに驚いた。それだけ注目されているということだろう。

DSC_0548.jpg

DSC_0637.jpg

天気予報はあまりよくなかったが、実際には時折日差しもあり、イベント中に本格的に降ることはなかった。ただし風が強く、特に動画を撮るのには難儀した。

DSC_0674.jpg

6両が横一線に並ぶ図は貴重だ。このように本線を塞ぐ形での展示は、平時には絶対できない。

DSC_0695.jpg

また、ミキ300-103(右の車両)は普段、常に単行で運行される。他の車両と協調運転ができないからだと教えていただいた。したがって連結されることは稀なので、この図も貴重なものとなった。

DSC_0732.jpg

そしてついに、7両連結が実現した。うををっ、これはすげえや♪ 後にも先にも、湊線に7両編成が出現するのはこれきりだろう。考えてみれば、反対側からキハ2005を先頭にした写真も撮っておくべきだったが、すっかり忘れていた('A`)
次に訪れるのは夏だろうか。運転再開し、田園風景の中を行く列車や、錆のとれたレールを見に行きたい。多くの人が、それを心待ちにしていることだろう。

今回、帰省を兼ねていたので、最寄りの取手まで急ぎたかった。代行バスで勝田に着くと、フレッシュひたち52号が間もなく発車というタイミング。唯一取手に停車する上り特急だ。これはラッキーだった。これまで何回乗り降りしたか分からない取手駅だが、特急で下りたのは初めて。ああ、一応ここも特急停車駅だったんだなとちょっと感慨に耽った。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 16:21 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

6両並んだ図はすごいですね。
それにしても、動いていなくても、これだけの人出。
いかに湊線のファンが多いかわかります。
動画にあった、「那珂湊→未来」という方向幕もいいですね。
風の強さが動画の風の音でわかりました。

| タラ坊 | 2011/05/06 17:04 | URL |

いいっすねージーゼルそろい踏み
キハ58が消えた今、ここだけが頼りですw
みたかったなぁー
やっぱり持てますネー

| アホキ | 2011/05/06 17:32 | URL |

三木鉄道のミキ300形103ってこちらに来ていたんですね。
最後まで去就の決まっていなかったのが引き取られたのは知りませんでした。
こういうそろい踏みは不幸中の幸いですが、貴重ですね。

| まぶりん麻呂。 | 2011/05/06 18:53 | URL | ≫ EDIT

タラ坊さん

賑わいの方は主に動画に納め、スチルではあまり人を入れていませんが、6両横並びのときは、下りホームの奥までは入れないよう措置されていたようです。撮影の便宜を図るためと思われます。
実は某巨大掲示板で執拗なネガキャンが繰り広げられていたのですが、これだけの盛り上がりを見せたこと、そしてヘッドマークや方向幕に込められた願いには胸熱くなるものがありました。


アホキさん

いすみ鉄道に国鉄型気動車を入れたらいいのにという、かねてからの希望が、ついに実現しましたね。しかも旧国鉄線ですから、今後は注目を集めていくでしょう。とはいえ、あそこのキハ52は、どうしたって特別扱いです。湊線のすごいところは、同様のが4両いて、日々当たり前に走っていること。この「当たり前」というのが重要で、そう意味で最後の牙城と呼んでいいし、「当たり前」を早く取り戻してほしいと願うばかりです。

| イノテツ | 2011/05/07 09:53 | URL |

まぶりん麻呂。さん

ミキ300-103は当初、三木市で保存するという話だったと思いますが、結局ひたちなかにやってきました。比較的新しい車両が500万円。お買い得だったと思うし、車両にとっても、オブジェになるより走り続ける方が本望でしょうね。番号もミキ300-103のままで運行されており、今回は、これ目当てにわざわざ兵庫から来た人もおられるようです。運休を逆手に取り、貴重なものを見せてもらいました。

| イノテツ | 2011/05/07 10:11 | URL |

あれだけの人

正直、予想していませんでした。
早く復旧しろ、とのプレッシャーをさらに感じます。
(吉田)

| ひたちなか海浜鉄道 | 2011/05/07 11:47 | URL | ≫ EDIT

お越し頂きありがとうございました

イノテツ様、湊線応援団のFです。先日はようやくご挨拶出来て嬉しかったです。ありがとうございました。
湊線の7色気動車を、という話はずっと以前からしていたのですが、今回の運休を逆手に取った形で急遽実現しました。他に数多くの鉄道イベントがあえうGW中に、珍しい組み合わせとはいえ、運休中の車輌を並べた撮影会にどの位来てくれるのか心配していましたが、これ程来てくれるなんて関係者もびっくりです。7両連結をおいた場所もパーフェクトでしたね。
あとは3710-01が戻って来て、そして運行再開を目指すのみ。動き出したらまたお越し下さいね。

| F | 2011/05/07 12:32 | URL | ≫ EDIT

吉田社長

ファンの方、地元の方、ともに多くてすごかったですね。貴重なものを見ることができ、楽しかったです。今回は、関係者の皆様方の熱意を特に強く感じましたし、それがイベントの成功に結びついたのでしょう。湊線の復活が、ひたちなか市復興の象徴になると思います。どうか安全第一で再開へ進んでくださるよう、お願いいたします。

| イノテツ | 2011/05/07 18:02 | URL |

Fさん

この度は、お会いできて嬉しく、幸いでした。いつもこっそり来て、こっそり帰ってしまうもので…。Fさんのこと、ご迷惑をおかけするといけないと思い、今日の記事では、主語を外した形で書かせていただきました。
7色連結の構想は以前からあったのですね。しかし、現実にはこんな機会でないと難しいですよね。私なんかは見て喜んでいるだけでしたが、実現するためにはご苦労も多かったことでしょう。そして、それを盛り上げる応援団の存在は、もはや湊線に欠かせないものだと実感したのが今回のイベントでした。
夏の再開が楽しみです。そのときには、何か企画されるのでしょうか。期待いたしております。

| イノテツ | 2011/05/07 18:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/942-71680d8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT