きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会津一帯の放射線を測定してみた

宇都宮で車を借り、国道4号線を白河まで上り、会津下郷→会津若松→会津川口→昭和村→会津田島→鬼怒川温泉→宇都宮 というコースで回ってきた。
aidu.jpg


いつものように貧乏旅行なので大した貢献はできないが、飯などは、なるべく食堂で食べるようにした。

鉄道写真も撮っているのだが、メインはガイガーカウンタで放射線を測定しながらの旅となった。
結論から言うと会津は思ったほど、というか、やはりというか、放射線が高くないということを自分自身の目で検証できた。
とはいえ、はやりポツポツという音のテンポは若干速くなっていて、まったく放射性物質が来ていないというわけでもないのである。新緑でわずかに色づき始めた山の中でも、場所によっては若干テンポが速かったりする。こんな無垢な自然を放射能で汚してしまって、とんでもないことをやっちまったんだなぁと思った。


●結果と表の見方

測定に使ったガイガーカウンタはアナログ式の安物なので0.5マイクロシーベルト/h以下は測定できない。那須塩原や白河では地表付近で1~3マイクロシーベルト/hであったが、ほとんどの場所でメーター振れずという結果になった。


meter.jpg



gaiga.jpg
ガイガーカウンタ、下の青い目盛りがマイクロシーベルト/h


このガイガーカウンタは放射線を捕らえるとポツっという音がする。
通常は1~3秒に一回ポツとなるのだが、白河あたりでは1秒に4~5回、速いときは音がつながってブーという感じで音が鳴っている。そこで、ポツポツという音の回数をカウントすることにした。以下の表は1分間で何回鳴ったかを数えた結果だ。

表2potu.jpg


 地上1m前後に関しては埼玉県南部あたりでは通常20~40回/分程度なので、それと比較しても十分低いことがわかる。特に会津田島の低さには驚いた。会津下郷から会津田島のあたりは、北と東に山があってこれが、第一原発から来る空気を遮ってくれているのだろう。
 ただ気になるのは地表付近で、場所によっては若干高いところもあった。「カウント不能」というのは音がつながって数えられなかったことを示す。おそらくじわじわと雪が降り積もるみたいに放射性物質が降り積もってきているのだろう。一刻も速く放射性物質の流出を食い止めてほしい。(アホキ)

aizu.jpg
会津下郷にて
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たいした数値ではなさそうですが、会津は米どころですし、那須のあたりは牧場が多いので、ちょっと心配ですね。

「こんな無垢な自然を放射能で汚してしまって、とんでもないことをやっちまったんだなぁと思った」

というのは確かにそうですね。
地球というのは、人間がいなければどんなに美しい星だったろうと思うことがあります。

| タラ坊 | 2011/05/07 16:42 | URL |

最後の写真なんか、普段であれば「牧歌的でいいよね」と素直に見られるのに、こんなことが起きてしまって、「どんな気持ちで耕耘機を押しているんだろう」などと、胸締めつけられる思いです。
北関東の野菜も、以前と比べて明らかに安いです。消費者にしたら嬉しいことですが、農家の気持ちを慮ってしまいます。早く収束させてもらわないとやばいですよね、いろいろな意味で。

| イノテツ | 2011/05/07 18:47 | URL |

タラ坊さん

大した数字じゃないのですが、やはり気になりますよね
只見川のあたりは只見線と美しい自然で、撮り鉄に人気の
場所なんですが、こんなところにもか、という感じです。



イノテツさん

この写真を撮った会津下郷あたりは奇跡的に放射線がひくく
私的にはほっとしながらの撮影だったのですが
じわじわと魔の手が忍び寄っている感じはしました。

北関東なんですが、栃木でも意外と福島より濃度が高めの
ところがあったりで、忘れ去られがちですが
こちらの手当も必要なんではないかと感じました。




| アホキ | 2011/05/07 21:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/943-9d862e5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT