きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅雨の都電2011(2)

DSC_1527.jpg

雨の日には部屋にいて、ゆっくり雨音を聞いたり、窓の外を眺めるのが好きだ。だが、外に出て、特に駅の周辺で慌ただしく動く人を眺めているのもいいものだ。ただしこの場合、自分が慌ただしく動くのはイヤだ。急かされると余計に遅くなるのが、私のひねくれた性分でもある |∀・)

DSC_1529.jpg

どっかの地方にでも迷い込んだかのような緑の濃い場所に出た。素朴な石垣が雨に濡れている。よく震災で崩れなかったものだ。これからも残ってほしい裏道の風景だ。踏切を都電が過ぎる。ここには嵐電か江ノ電か、あるいは煤けたキハの方が似合いそうだが、贅沢は言うまい。

DSC_1546.jpg

踏切に出ると、滝野川一丁目電停、さらに飛鳥山電停が一直線の線路の先に見渡せるのだった。つまり、奥は当然飛鳥山である。桜の時期には、背景ピンクだなこりゃ。白状すると、この踏切を知らなかった。荒川線の踏切は103カ所。一通り見てまわったつもりだったが、こんな場所を見落としているようでは甘いわ。今は6月。桜が咲くのはまだ先だな('A`) 今回は、雨に濡れた線路を強調することにした。

DSC_1583.jpg

踏切は、徐々に鉄道から失われていくパーツだが、そこから生み出される人の動きが、風景に滋味をもたらす。有り難いことに、これが都内にまだ残っていて、今後もとりあえず消える予定はない。

DSC_1574.jpg

雨は草に降り注ぎ、雫となって繰り返し落ちていた。雨の日ならではの雰囲気に惹かれて、つい長居してしまった。この踏切を見つけられたのが今回の収穫。路地の中なので説明は困難だが、西ケ原四丁目~滝野川一丁目間にある。
もっとも、傘をさしての撮影はできず、思い切り濡れたわけだが('A`)(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 01:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なかなか味わい深いですね。
2枚目の写真も、ブロック塀の無粋さが、モノクロゆえか、逆に味になっています。
3枚目の長く伸びる鉄路の先に踏切、さらにその奥に都電と、これもいい雰囲気です。
4枚目の踏切で駆けて行く傘をさした人も、いいです。
最後の写真が個人的には一番好きです。
写真をみていて、雨の季節には雨を楽しみたいと思いました。
昨日、久しぶりにUAの「傘がない」を聴きました。
これ、やはり、いいです。
陽水より、この曲に関してはUAのほうが断然、いいです。

| タラ坊 | 2011/06/07 08:34 | URL |

最後の写真はライトがレールに光って素晴らしいですね。雨の日には雨の日の撮影の楽しみがあるんですね。7/3の箱根登山のあじさい撮影に向けて、よい刺激になりました。雨の日の御霊神社を通過する江ノ電もいいなあと思います。個人的に江ノ電の撮影やってみたいと思っていますが、子育ての手がかからなくなったら、いままでのたまっていた鬱憤晴らしに毎週通ってしまいそうです。

| まぶりん麻呂。 | 2011/06/07 10:55 | URL | ≫ EDIT

タラ坊さん

ありがとうございます。2枚目のブロック塀は、雨に濡れることでのっぺり感が緩和されているんですね。雨の思わぬ効用を見ました。雨の日には、直球勝負で撮り鉄っても残念な結果になるし、また、いつもと違うアイデアが出てくるので逆に面白いです。
UAの「傘がない」、私も聴いてみました。なるほど、これはいいですね(でもやっぱり陽水の方が好きかな)。そもそも90年代の邦楽は、70年代の次に好きです。UAのバージョンも、ギタートリオによるシンプルなバックでボーカルとよく絡み、素晴らしいですね。
あれから十余年、現在の邦楽は、ちょっと聴けません('A`)

| イノテツ | 2011/06/07 14:59 | URL |

まぶりん麻呂。さん

ありがとうございます。なにせ光るレールが好きです。雨の日にはバラストも濡れて光りますし、それなりに楽しめます。これが晴れの日の場合、レールが光る場所はおおむね車両が逆光になるので、難しいですよね。
紫陽花の箱根に行かれるのですか。いいですね、私も毎年行きたいと思いながら、未だ叶いません。夜のライトアップが話題になりますが、当然昼間でも素晴らしいでしょう。しかも、紫陽花は、天気を問わず絵になる花ですから。
時折、親子で撮影に来ている姿も見かけますが、ああいうのは羨ましいです。お子さんがどう成長していくか、楽しみですね。

| イノテツ | 2011/06/07 15:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/965-d7283db2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT