きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シドニーハーバーブリッジと鉄路

シドニーの北側に巨大な橋がある。シドニーハーバーブリッジだ。1923年から9年かけて不況対策として造られたらしい。シングルアーチとしては、世界で2番目。幅が49mあって、8車線の車道の横に鉄道、その横が自転車道になっている。もちろん歩いて渡れる。
緩い坂になっているせいか自転車はやたらと飛ばしている。

04_20110615035227.jpg

人のそばを通る時は、もう少しスビートを落とせよと思いつつ、しばらく歩いていたら黄色い服を着たパトロールの人がやって来てニコニコしながらノーノーと言われた。ここは人が入ってはいけないとのこと。あとで確認したら、自転車専用道で、入り口の所にバイシクルオンリーと書いてあった。人は反対側の歩道を歩くようになっている。

05.jpg

ボルト締めのごつごつした感じとか、東武線の浅草の橋に似ている。
渡り切るとミルソンズポイント駅につく。この駅がまた浅草っぼくて泣けてくる。
売店の感じたとか昭和の匂いがする古臭い感じ、おまけに一部の店のシャッターがしまっている所まで雰囲気がにているw

08_20110615040011.jpg
ミルソンズポイント駅

帰りはミルソンズポイントから橋を逆戻りしてウインヤードまで一駅間乗ってみた。
ウインヤード駅もまたいい味が出ている。小高い丘なので、地下駅になっている。中にこじんまりした店が並び銀座線の浅草っぼさ満点だ。
近郊を走るシティレールの電車はすべて二階建て。やたら図体がでかいし、ステンレスだし、格好が悪い。親しみがわかんなーとおもっていたのだが、正面から見ると、583を改造した食パンに似ている。

シティレールには大きく分けて3種類あり、顔が違っている。

06_20110615035629.jpg
でこっぱち

•おでこの出たでこっぱち
•イヤミの出っ歯みたいな角度のやつ
よく見ると、少し丸みのあるやつとたいらなやつの2種類ある
•青と黄色のやつ、これもよく見るとさらに種類がある

07_20110615035844.jpg
でこっぱちの車内

でこっバチの中は安っボイ感じのビニールシート、ボルト締めのあともしっかり残っている。この車両、もう4~50年ものじゃないだろうか、ひょっとして引退間近かw
この土地で多分あまり注目されることもなく、当たり前のように人を運びつづけてきたんだろうなぁ、そんなことをつらつら考えていると、何だか親しみが湧いて来た。
(アホキ iPhoneから送信)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 04:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

wikipediaによると、このシティレールというのは「JR首都圏」みたいな企業体のようですね。もっともスケールはやはり違い、末端部は相当ローカルで、かなりやばそうです('A`)
さて、wikipediaに出ていた車両は、おそらく「イヤミ」だと思われますが、これ、すげえかっこいいです♪ 一方のでこっぱちは、洗練とは対極にあるデザイン、無骨さとくたびれっぷりに哀愁が漂っております。日本だと、鉄ヲタの関心は当然こっちに向くわけですが、やはり落書きは残念ですね。古いのはいいけど、汚いのは許さんという感覚、これも日本の鉄ヲタ独特のものなのでしょうか。

| イノテツ | 2011/06/15 04:38 | URL |

アホキさんのリポートを読みながら、私も旅に出たくてたまらなくなりました。
以前やったネパールのNGOの本をまたつくることになり、来年4月の刊行予定になっていますが、それが終わったら、そのNGOが今度ネパールで新しくつくるという「日本人村」のボランティアスタッフとして行っちゃおうかなと、かなり本気で考えています。
それはそうと、イノテツ氏も言われるように、「洗練とは対極にあるデザイン、無骨さとくたびれっぷりに哀愁が漂って」いるこの列車には、私も魅かれるものがあります。
駅の「昭和」な感じも、浅草駅っぽくていいですね。

| タラ坊 | 2011/06/15 10:05 | URL |

イノテツさん

イヤミは写真だと角度によっては格好いいかもしれません、が、実物は胴体が太くてやっぱりユーモラスですw
シティレールがシドニー近郊、カントリーリンクが長距離という風に別れてますが、どちらも州政府の会社なんですね。
私も落書きを最初見たときはショックだったんですが、20年前ヨーロッパを鉄道で旅した時に見慣れてしまい気にならなくなってました。
オーストラリアでもだいたいどこに行っても落書きがあり、白人のやってることはかわらないですねw


タラ坊さん

本の編集をやるとのめり込んでしまうタラ坊さんなので、多分行きたくて仕方なくなっていることでしょう。私もそんな旅行記読んでみたいです。是非いかれてみてくだはいw
個人的にオーストラリアで月10万円生活に挑戦していたんですが、この1か月どうやら達成出来たようです。この物価の高いオーストラリアでですよ! どうやったか、詳細はそのうちアップしますw

| ahoki | 2011/06/21 18:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/971-09f3d5db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT