きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

路面電車の日イベント2011(2.荒川車両検修所)

鉄道を利用する乗客の目に触れるのは主に旅客車両である。鉄ヲタが関心を寄せる対象もそうだ。だが、それは表面的な部分に過ぎない。施設や車両のメンテナンスなくして鉄道は動かない。また、今回の震災では甚大な被害が出たわけだが、これを復旧するために多くの人や車両などが動いた。ところが、復旧されたことばかりに目が向いて、そこまでの苦労が顧みられることは少ない。無事に列車が走るために払われる努力に感謝したいものだと、ここのところは特に思う。

DSC_1762_20110617034522.jpg

そんなわけで今回は、都電の車両などをメンテナンスする車両検修所を見学してみた。ここで見えている白い車両は、先日紹介した花100号車であるわけだが、カオスっぷりの片鱗くらいは伝わるかと思う。だが、こう見えても花100を撮影する人と、車両検修所を見学する人の列はしっかり分けられ、秩序は保たれているのだった。

DSC_1780.jpg

DSC_1769.jpg

散々並び、ようやく中に入ることができた。もちろん、通常は関係者以外立ち入り禁止であり、車庫と違って、外から垣間見ることすらできないので、年に一度の貴重な機会なのだ。
マスコンのハンドルとか、パンタグラフを昇降させる装置とかに実際に触れて操作することができるので、子供たちは大喜びだ。この他にも、以前使われていた方向幕や、部品などが展示されていた。

DSC_1795_20110617040317.jpg

しばらく車庫の片隅、屋根のないところで雨ざらしになっていた6086もここにいた。7月から江戸東京博物館で催される「東京の交通100年博」で展示されることになっている。ポスターやチラシではメインの位置を占めており、会場でも注目される存在になることだろう。
東京の交通100年博

DSC_1788.jpg

トラバーサである。ここに載った車両は平行移動し、省スペースかつ効率的に転線できる。都内の狭い車庫にはなくてはならない存在だ。だが、都電の車両がいつまでも単行のままで連接車にならないのは、トラバーサに載せられる車両の長さに限界があるからだともいわれている。

DSC_1799.jpg

レールを敷く際、カーブなんかは、こうして事前に作ってから現場に持っていく。機械を使ってちょっとずつひん曲げ、思い通りのカーブを作る工程が実演されていた。無料のイベントだというのに、職員の方は皆親切で、丁寧に説明されていたのが印象的だった。

DSC_1804.jpg

7500形撮影会の方は鉄ヲタ同士がひしめき合い、むせ返るほどの熱気だった一方で、こちらは家族連れ中心のいたってまったりした雰囲気だった。同じイベント内で、こうした二面性があるのが都電イベントの特徴かもしれない。雨の天気予報ながら降ることもなく、楽しく過ごせた。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 04:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大変な盛況であったことが動画からもうかがえます。
ハンドルを動かしたり、パンタグラフを上げ下げなどして、子どもたちも楽しそうです。
航空機のパイロットや新幹線の運転手が、いつの時代も子どもの憧れの職業ですが、こういう体験を通して、都電の運転手さんになりたいという子どもも出てくるかもしれませんね。
それはそうと、2枚目の写真に掲げられている電停表示のなかに新宿(角筈)というのがありましたが、子どものころ、新宿へ行く時はいつも、その新宿角筈行きとか、淀橋浄水場行きとかに乗っていたような記憶があります。
神保町へ行く時は岩本町行きに乗っていたのではないかと思います。

| タラ坊 | 2011/06/17 10:27 | URL |

タラ坊さん

路面電車は、新幹線や飛行機なんかと比べて地味な存在だとは思いますが、その運転士は、より乗客と近く、親しみ深いものだと思います。実際、こうしたイベントを通して鉄道に親しみ、何人かはその道を目指していくのかもしれませんね。
角筈とか岩本町といった方向幕は、昭和45年になくなった大久保車庫のもののようです。車両が荒川車庫に移籍するなどした結果、ここにあるのでしょう。当時のことは、写真でしか窺えませんが、私にはまさに夢のような光景に見えます。

昨日はジョギングの方、遠慮させていただいたのですが、なんだかそれなりの雨になりました。大丈夫でしたでしょうか。

| イノテツ | 2011/06/17 14:01 | URL |

昨日は電話をいただいた時はパラパラ程度だったのですが、梅の湯で着替えて外へ出ると、結構降っていました。
どうしようかと皇居に着くまで迷っていたのですが、竹橋まで来ると、結構走っている人の姿も見えたので、そのまま走ってしまいました。
走っているうちに次第に小降りになり、走っている間小降り状態が続きましたのでよかったです。
大分濡れてしまいましたが、わりと気持ちよく走れました。

| タラ坊 | 2011/06/17 18:33 | URL |

そうでしたか、ひと安心です。
それにしても、あんな天候でも走る人が多いとは、なかなか皆さん根性がありますね。雨に加えて、腰の方もまだ少し傷み、大事を取らせていただきましたが、来週は、ぜひご一緒させてください。

| イノテツ | 2011/06/18 13:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/973-1f129616

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT