きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏への扉<その2>

浄智寺の先から亀ヶ谷坂に入り、両側に崖の迫った細い坂道を下りきるとT字路にぶつかる。その角に岩船地蔵堂が建っており、以前は崩れかけたような観堂で、なかなか雰囲気があったのだが、今は建物が新しくなっている。いつも季節の花が手向けられており、地域の人たちから信仰を集めていることがわかる。
すぐ右に横須賀線の下をくぐるトンネル(と言ってもほんの数歩の幅だが)があり、その先をしばらく行き、化粧坂(けわいざか)方向への道を分けてさらに進むと海蔵寺がある。
ここも花の寺である。春先には参道の両側を雪柳が覆い、初秋には萩の花が山門へと至る石段に枝垂れて風情がある。何より、本堂わきにある海棠が見事だ。
地蔵堂から海蔵寺と反対方向に行くと、浄光明寺がある。
できれば両方参拝したいところだが、この後、江ノ電の沿線も歩きたかったので、申し訳ないと心で詫びながら海蔵寺はパスし、しばらく訪ねていなかった浄光明寺にお参りしに行くことにした。

浄光明寺のハギ

山門をくぐると、早くも萩が花を着けはじめていた。
萩は私が一番好きな花だ。
この裏山を少し登ると海が見えたのだが、そこへ至る道が塞がれていた。
前の地震で道が崩れたとか、そういうことなのかもしれない。
浄光明寺から横須賀線の線路沿いを進み、適当なところで小町通りに入って、鎌倉駅前に出る。
小町通りは相変わらず人出が多い。
江ノ電の鎌倉駅からおおむね線路に沿って歩いて行くと和田塚駅に出た。

江ノ電和田塚駅

由比ガ浜通りから細い路地に入ると、潮騒の音が聞こえ、海の匂いがしてくる。
海岸に出て写真を撮っていると、目の前をボードをかかえたサーファーが駆け抜けて行った。

サーファー

その日はわりと波があり、サーファーの姿を多く見かけた。
いいなぁー、サーフィンやりたいなぁー。
そろそろ人生の残り時間というのが見えてくる齢になって、我が来し方を振り返った時、実にもったいなかったなぁと思えることがいろいろある。
サーフィンもそのひとつだ。
もっと若かった時にやっておきたかったと、悔やまれてならない。
そんなわけで、波とたわむれているサーファーを見ながら、指を銜えて(まさか、本当に銜えたりはしないが)再び江ノ電の線路沿いに道に戻ると、線路に沿ってアジサイの咲いているところがあった(タラ坊)。

線路沿いのアジサイ


スポンサーサイト

| 未分類 | 15:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお、サーファーは元気そうですね。今日の新聞に、阿字ケ浦の浜が閑古鳥という写真が出ていて、風評の恐ろしさを実感しました。この夏、海か山かというと、山を選択する人が多いでしょう。こうなってみると、つい海に行きたくなる、いつものひねくれ回路発動ですw
江ノ電の沿線はまだまだ知らないところが多く、和田塚もそうです。行ってみたくなりました。もっとも、暑いのは勘弁ですが('A`)

| イノテツ | 2011/07/04 18:43 | URL |

サーフボードというのが結構重いことを、以前、サーフィンやった(やったというほどのこともないのですが)時にはじめて知りましたが、その重いボードをかかえてよく走れると思いました。
今回、江ノ電沿線を長谷まで歩きましたが、人1人が通るのがやっとくらいの幅しかない細い路地があったり、そこをたどっていくと海に出たり、江ノ電の線路に出たりと、いろいろな発見がありました。
ところで、昨日、TV観ました。撮影者としてちゃんとイノテツ氏の名前がクレジットされていましたね。
JRがさっさと終日運休を決めたなかで、都電荒川線は約2時間で運転再開を果たしたというのは、運行距離が短いということもあるのでしょうが、たいしたものだと思いました。

| タラ坊 | 2011/07/04 21:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/984-b1c1622a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT