きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【関東鉄道】気動車体験運転 初級編(2)

まずは点呼を兼ねて、酒気帯びチェックや反射神経などの簡単な検査があり、参加者全員合格。こんな検査があるとも知らず、前夜遅くまで友人と飲んだくれていたので一瞬ビビった。どうやら、水海道駅から大汗をかいて歩いてきたことでアルコールが抜けたのだろう。
ただし、反射神経の方は明らかに怪しかった。幼い頃から「おっとりしたお子さんね」と言われてきた。要は鈍いのだ。さらに口の悪い人にはこう言われた。「女の子だったらかわいがられたのに」。我ながらそう思うが、宿命だから仕方がない。それに、鉄ヲタになるには男の方が敷居が低いもんね…そんな程度なのか、男の特典って('A`)

DSC_2332.jpg

続いて講習を受けたわけだが、ほとんどわけが分からん('A`) 考えてみれば、「電車でGO」みたいな運転シミュレーションゲームもあんまりやらなかった。列車は乗るもので、運転するものではなかったのだ。予備知識ゼロというのは辛かった。
講習が終わると、まずは比較的新しい車両で操作がしやすいキハ2406の運転体験に移る。シートに制帽が並んでいて、好きなのを被っていいのだ。その他、手袋だの笛だのといった小道具を用意することで、より気分に浸れるのだった。

DSC_2373.jpg
キハ2406で車掌体験するイノテツ(Aさん撮影)

2班に分かれ、短いコースを行ったり来たりしながら、交代で運転、車掌体験も並行して行っていく。マイクで自由に喋っていいことを知らなかったのは誤算だった。こんなことならちゃんと調べて、「取手から連絡列車のご案内をいたします。常磐線上り、特急フレッシュひたち52号上野行き、3番線から18時38分云々」などと、時間一杯に喋ったのに。
自分の順番でないときは、行ったり来たりする列車に同乗しながら、のんびりと車両基地の様子を眺められる。通常は見られない角度からの図であり、貴重だ。なにせ6000円払ってますから、しゃぶり尽くすように楽しまないとね |∀・)

DSC_2380_20110715163125.jpg

昼食を挟んで午後の講習があり、続いてこのキハ001-002の2両編成を運転する。これは、かのキハ20形を種車とし、車体を載せ替えた一見関鉄オリジナル。ファンの人気は断然こっちに集まるが、いかんせん操作が難しい。何が難しいかというとブレーキだ。先ほどのキハ2400形は電気指令式ブレーキといって、比較的直感的な操作ができたのだが、こちらキハ0形は自動空気ブレーキといって、思い通りにきいてくれない。まあ大体は緩め方がうまくいかず、停止位置手前で止まってしまう('A`)

DSC_2437.jpg
キハ002で運転体験するイノテツ(Aさん撮影)

指導運転士がつきっきりで指導してくれるし、まず暴走ということは有り得ないので安心だ。そういえば昔、取手駅であったわな暴走事故。あの朝私は通学のため、取手駅の常磐線ホームにいた。事故は、私が乗った上野行きが取手駅を出て3分後に発生した。阿鼻叫喚だったらしい。そんなことで関鉄は、ブレーキ関係には神経質なのだろう。今回も、実際に動かす前に、ブレーキ操作の練習を、全員交代で行った。

DSC_2401.jpg

その合間に行われていたのが車内補充券発券体験だ。硬券の入鋏体験くらいはしたことがあるが、車内補充券はさすがになかった。私はむしろ、運転以上にこっちが面白かった |∀・)
帰りは高速バスを利用し、Aさんともどもすっかり寝てしまった。緊張続きで疲れたのだ。しかし、キハ0形の自動空気ブレーキを上手にさばいてみたいとか、マイクでもっと喋ってみたいとか、そういった欲望もまた沸々と湧いてくる体験だった。実際、かなりのリピート率であるらしい。(イノテツ)

スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 17:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヘェー、面白そうですね。
帽子なんかも被れるんですね。
以前、TVの番組でタモリが体験運転をして喜んでいましたが、そういう楽しさが読んでいて伝わりました。
ところで、私も子どものころ、よく「のんびりしている」と言われていました。
本人はのんびりしているつもりはなく、結構焦っていても、端からはそう見えないようです。

| | 2011/07/15 21:18 | URL |

初めての経験で、なんかやらかしたらどうしようという不安ばかりが先にたっていたのですが、しっかり指導してもらえますし、考えてみれば、関鉄としても、なんかやらかすことは断じてできないわけですから、逆に安心です。
小学生の頃の道徳の教科書に、「スローちゃん」という話が載っていました。動きが遅くて馬鹿にされていた子が、図工の授業で、時間をかけながらも素晴らしい作品を仕上げ、称賛を浴びる話でした。そうか、のろくたっていいんだ! と当時の私も励まされたものですが、この「スローちゃん」もやっぱり女の子でした。女の子でないとサマにならない話だったわけです('A`)

| イノテツ | 2011/07/15 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/992-f0b02ea8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT